憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

電気自動車に必要な部品をまとめてみました

電気自動車

電気自動車に必要な部品をまとめてみました
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

電気自動車に必要な部品とは

電気自動車の部品点数は、総数で約2万点と言われています。一方で、ガソリン車の部品点数は、10万点くらいあります。

日本の自動車メーカーは、このような部品を調達して車を完成させ販売します。

自動車メーカーが必要とする部品を製造して、納品するというのが現状の自動車部品メーカーとなります。

さて、ガソリン車から電気自動車に移行すると、必要のなくなる部分が出て来ます。これは、ガソリンエンジンに関連する部品です。

エンジン、トランスミッション、排気系のマフラーやパイプなどは完全に不要となります。

一方で電気自動車には、今までにあまり必要とされなかった部品が必要になって来ます。

バッテリー、モーター、インバーター、VCUが必要とされます。VCUとは、ビークル・コントロール・ユニットの頭文字を取ったものです。

走行中に常に変化する車両の状態を判断し、最適な状態を維持するために各コンポーネントを制御する装置です。

モーター、インバータ、電池、エアコンなどの相互に影響しあう各コンポーネントを、単独ではなく他のコンポーネントへの影響を加味し、CAN通信によって全体を制御します。

想定される誤動作・事故対応を事前に組み込むことで、より安全・安心な車両を実現するのです。

CAN通信とは、コントロール エリア ネットワークの頭文字を取ったもので、今後、必ず電気自動車に必要になる電子回路や各装置を接続するネットワーク企画になります。

今まで、ピラミッド型の自動車会社の世界が、個別の企業体が提携して車を製造する体系に移行していくように思われます。

自動車のデザインを考える会社、車体を製造する会社、バッテリー製造などの部品会社、電気メーカーなどが、提携して車を作っていく形になり、今までの問題点だった下請けへの価格調整などは、解消されていくでしょう。

これには、今後の動向を見極めて、相応に対応が出来た中小企業がメーカーを超える存在になる可能性があります。


最短90日で、クルマ乗り換え放題

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸